Goldman Sachs cuts growth forecast as trade war triggers recession fears

Goldman Sachs cuts growth forecast as trade war triggers recession fears

KEY POINTS Goldman Sachs lowered its fourth-quarter growth forecast by 20 basis points to 1.8%, citing a larger than-expected impact of recent trade war events. “The drivers of this modest change are that we now include an estimate of the…

  1. Videos
  2. More News
  3. Featured
  4. Other Top Stories
  5. Sport News

Cyclone lashes India…

No deaths or major damages were reported as worker…

Boris Johnson says U…

British Prime Minister Boris Johnson said the Unit…

Calgary community mo…

A Calgary couple who were trying to get home after…

COVID-19 survivor em…

Atish Ram, 58, who has been discharged from hospit…

Olivia Jade's influe…

Lori Loughlin's eldest daughter, Olivia Jade, is a…

Ian Prior: Rod Rosen…

Former Deputy Attorney General Rod Rosenstein will…

Cyberattacks targeti…

$1.8 trillion price tag for US cyberattacks in the…

New York assemblywom…

New York Democrats' decision to redirect campaign …

Jon Rahm: 5 things t…

Jon Rahm is a golfer on the PGA Tour and really ma…

Dozens of guns stole…

An Atlanta gun store owner says he’s hoping that “…

Ben & Jerry's issues…

Ben & Jerry’s is calling on its fans and consumers…

Mike Huckabee rips M…

Former Arkansas Gov. Mike Huckabee said on Wednesd…

Latest News

03 junio, 2020

Cyclone lashes India's busin…

No deaths or major damages were reported as workers began clearing fallen trees …

03 junio, 2020

Boris Johnson says U.K. read…

British Prime Minister Boris Johnson said the United Kingdom stands ready to ope…

03 junio, 2020

Calgary community mourns aft…

A Calgary couple who were trying to get home after being stranded in India durin…

03 junio, 2020

COVID-19 survivor emerges fr…

Atish Ram, 58, who has been discharged from hospital after 54 days, is reminding…

More News

新型コロナウイルス対策により封鎖されたフィリピン マニラ、初日の様子をレポート

24 marzo, 2020 | blueskydime U.S.

フィリピン、マニラが新型コロナウイルス対策のために封鎖されたのは、3月15日日曜日の真夜中だった。 現在、マニラ首都圏では街への出入りが規制され、住民には自宅待機が呼びかけられている。なかには外出禁止令を出し、午後8時から午前5時まで公共の場に出ることを禁止している街もある。3月16日時点で、フィリピンのCOVID-19感染者は計140名にのぼり、12名が死亡している。 封鎖前日、フィリピン国家警察と自治体はマニラ首都圏の境界線上に検問所を設置し、通行者の検温とIDチェックを実施した。首都圏外に住むマニラ在勤者、または首都圏外で働くマニラ在住者は通行するさい、雇用者や事業主の証明書の提示を義務付けられている。 3月15日、サンペドロ、ラグーナ、マニラ首都圏内のモンテンルパのあいだの検問所に立つフィリピン国家警察の警官たち。 この週末、マニラには普段より早く夜が訪れた。 普段は観光客やフィリピン人の若者で賑わうマカティ市の歓楽街、ポブラシオンも、土曜日であるにもかかわらず、静かで落ち着いた夜が過ぎていった。 3月14日、封鎖数時間前の人けのないマカティ市の歓楽街、ポブラシオン。普段なら歩道はひとでごった返しているが、この日の同地区は夜9時には静寂に包まれ、10時に閉店したバーもあった。 朝が来ても、街は静まり返っていた。普段は交通量の多いマニラの通りは、閑散としてだだっ広く感じられた。現在、電車、バス、ジープニーの乗客数には制限が設けられ、通勤者は前後のひとと1メートルずつ距離をとって並ばなければならない。 いっぽうで、この日の朝も職場に向かう通勤者で混み合っている駅もあれば、ソーシャルディスタンシング(※感染症拡大を防止するため、他人との接触を減らし、社会的距離を確保すること)によって、いつも以上に長蛇の列ができている駅もあった。 誰もいないパサイ市のバス停。乗客不足のため、3月15日は早めに運休となった。…

新型コロナウイルスのパンデミックが環境に与えた影響

24 abril, 2020 | blueskydime U.S.

新型コロナウイルスのパンデミックで亡くなったひとの数は、世界で16万人を超えた(4月21日午前4時現在)。感染拡大により人間の生活、働き方、人との付き合い方が一変したが、そういった望まぬ影響だけでなく、光明を見い出せるような変化も現れている。 特に地球環境は、厳しいソーシャルディスタンシングの恩恵を受けている。ベネチア、ニューヨーク、武漢などでロックダウンが実施された数週間後には、市民が水質や大気汚染の改善を実感していた。 とはいえ、そういった変化が恒久的かどうかを判断するにはまだ早い。外出禁止令が解かれ、これまでの損失を補填するために企業が業務を2倍にするなどした場合、再び環境は悪化する、と指摘する専門家もいる。ただ、今私たちが目の当たりにしている改善は、より環境に優しい世界の姿を予告しているといえるだろう。 以下のイラストで、今回のパンデミックがいかに環境を救っているかをわかりやすく示してみた。 中国では、今年1月後半にロックダウンが始まってから、二酸化窒素(NO2)の濃度が最大30%低減した。NO2の最大の発生源は自動車や巨大工場の稼働なので、工場が閉鎖され、道路交通量も少なくなったことが一因だ。 調査会社の〈Rhodium Group〉によると、中国の6大発電所における石炭の消費量も、2019年第4四半期に比べると40%減少したそうだ。世界中でロックダウンを実施する都市が増え、ひとびとが家の中にこもれば、大気中の汚染物質はさらに減少するだろう。 「世界の主要都市で計測された2019年及び2020年4月1〜15日の大気中のNO2濃度」 IndexGraph by Statista. ただし、大気は簡単に再汚染される。武漢では、ロックダウンが解除された4月8日以降、再び大気汚染レベルは悪化している。 …

なぜ?ファーストタトゥーを顔に入れた理由

08 mayo, 2020 | blueskydime U.S.

ファーストキスや飛び込み台からの宙返りと同じで、フェイスタトゥーも青春時代にだんだん興味が湧いてくるもののひとつだ。最初は脇腹に歌詞や、ローマ数字で母親の誕生日を入れてみる。そして肌に永遠に残る模様を刻むことに慣れてくると、最終的に行き着くのが〈顔〉だ。 その証拠が、初心者から顔にタトゥーを入れたいと依頼されたらきっぱり断る、と主張するタトゥーアーティストが複数いるという事実だ。ブライトンのタトゥーアーティスト、ロブ・レイクは、ファーストタトゥーを顔に入れるべきではない理由はごまんとあると語り、「断固反対だ」と断言する(ちなみにロブは、眉間にルーン文字、右目の下には大文字で〈MADE IT(ついにやったぞ)〉と彫り込んでいる)。 「タトゥー業界全体に対して失礼です」と主張するのは、5つのフェイスタトゥーを入れたタトゥーパーラー経営者のメンフィス・モリだ。「それに将来や恋人との関係、キャリアが台無しになるかもしれません」 今でこそ歩くフラッシュブック(※タトゥーの見本を集めた本)のようなリル・ザンやスモークパープ(Smokepurpp)などのSoundCloudラッパーも、スターに上り詰める前は、顔以外の場所を選んでタトゥーを入れていた。 それにもかかわらず、世の中には忠告や就職のチャンスを無視して、真っ先に顔にタトゥーを入れようとする稀有なひともいる。VICEは彼らを取材し、なぜ顔だったのかを訊いてみた。 ジェイコブ(26歳) 米コロンバス在住 ──そもそも、なぜ顔だったんですか?思い切ったことをしたかった。2年前、ちょうどヘロイン依存の更生施設を出たばかりで、楽曲制作に力を入れてた。これは「今が踏ん張りどころ」っていうステートメントみたいなもの。当時聴いていた曲のアーティストはほとんどがフェイスタトゥーを入れていて、みんな音楽業界ですぐにブレイクしたから、フェイスタトゥーを入れればもっと多くのひとに注目してもらえると思ったんだ。友だちのタトゥーショップに行って、左目の下にパックジュースを入れてもらった。友だちも顔に入れるのは初めてだったから、僕たち双方にとって新しい挑戦だった。 ──パックジュースを選んだ理由は?子どもの頃からのあだ名だったんだ。スケボーをやってたとき、両親がいつもパックジュースとかゲータレードを送ってくれてたから、みんなにジュースって呼ばれてた。パックジュースは僕の全てで、成長した僕自身を表してる。ヘロインを絶ってから4年4ヶ月になる。音楽とタトゥーに救われたんだ。 ──周りの反応はどうでした?何人かにはバカなことをやったと思われたけど、今は彼らもありのままの僕を認めてくれてる。フェイスタトゥーは5個あって、最後に入れたのは右目の上の〈Eat Shit(クソ食らえ)〉。最初のタトゥーを入れたのは思い切ったことをするためだったけど、全部気に入ってる。永遠に僕の一部だし、できるだけそのままにしておくつもり。 @garbage_youth …